市が整備する道路空間の主役転換「多機能道路」で
名鉄「堀田」駅までフラットアプローチ。
フィール手前から「堀田」駅までのフラットな道のりは、「なごや交通まちづくりプラン」に基づく歩行者優先の多機能道路。道路両側の並木を交互に配置することで車両の通行や路上駐車を抑制。車道を狭め歩道を広く整備し見通しを良くするなど、歩行者の安全性に配慮された道路となっています。
堀田駅周辺のフィール前路地は
夜間でも人通りが多く帰宅が遅くなっても安心。
堀田駅前
フィール前の道路
仕事帰りにも利用できる駅至近の利便施設
エイムスクエアゲート(フィットネスクラブ)
夜11:30分まで営業。人気はスタジオで行うホットヨガ。プールでのプログラムも充実しています。
パレマルシェ堀田店(スーパーマーケット)
早朝7時より深夜11時まで営業の駅直結スーパー。2階には、100円ショップのザ・ダイソーが営業しています。
地下鉄名城線「妙音通」駅のある大通りまでフラットアプローチ。
エントランスを一歩出た道は、妙音通2丁目交差点まで真っ直ぐにのびる視界の広がった並木通り。新緑の季節ともなれば街路樹が緑に色づき、爽やかな気分で足取りも軽快に。見通しが良く街灯も整備されているので、夜間の通行も心配ありません。
サークルK周辺 妙音通駅周辺
地下鉄桜通線「瑞穂運動場西」駅から自宅へ。
明るい街並みが続く安心の夜間アクセス。
夜の帰宅ルートは、歩道がずっと続き街路灯で周囲が明るく照らし出される両側2車線道路。家々が軒を連ねる住宅街を安心して帰って行けます。
「瑞穂運動場西」交差点周辺
津賀田中学校付近
セブンイレブン前
現地自走式駐車場前
静穏な空気に抱かれた瑞穂区の丘。その丘陵に、美しき時を刻む全70邸の「カルティア瑞穂が丘」。界隈に広がるのは、明治時代から幹線道路を中心に発展してきた歴史ある住宅地。この地の豊かな環境と共鳴し合うように、安息の中に、心を解放する上質な住まいを目指しました。
暮らしの舞台となるのは、住宅地としての資質に恵まれた瑞穂区。瀟洒な雰囲気の飲食店やベーカリー等も多く、少し足を延ばせば、「さくらの名所100選」に認定されている風光明媚な山崎川や広大な緑を擁する瑞穂公園の自然に触れることもできます。
息づく歴史と伝統、独自性を活かしつつ、先進的な国際都市へと変貌を遂げつつある名古屋駅エリア。ビジネス街としての活気にあふれ、新しい商業施設が続々とオープンしています。「カルティア瑞穂が丘」は、そんな進展する街の利便と刺激を享受できる地に誕生。静穏の丘で、新たな暮らしの在り方を提案します。
いま着々と工事が進むリニア中央新幹線。開業により、名古屋には全国から世界から、より多くの人が訪れるように。高い国際競争力をもつ魅力ある街づくりとともに、リニアメリットを中部圏全体に行き渡らせるべく、名駅に直結するさまざまな交通網の整備も進んでいます。
リニア開通に向け、名鉄名古屋駅の南北約400メートルにわたる広大な敷地に、高さ約180メートル、30階建て程度の大型複合ビルの建設が始まります。利便性の高いターミナル機能とともに、ビル内には商業施設やオフィス、ホテル、賃貸住宅などが入る見通し。新たな名古屋の顔として、賑わいを創出していきます。
ファサードの壁面と床面には、色調、質感の異なる多彩なタイルを組み合わせ、豊かな表情に。
落ち着いた街並みに寄り添うよう、シックなデザインにまとめました。
エントランスを鮮やかに彩る四季折々の花々は、居住者の目を楽しませるとともに、この街に住むすべての人の誇りに。
定期的な管理により、つねに美しさを保ちます。
ヤマボウシ
アベリア
キンモクセイ
ナナミノキ
カクレミノ
シマトネリコ
独立性の高い3方接道の敷地。そのメリットを最大限に生かしながら、プライバシー性と開放感にすぐれた都市の邸宅を創造します。建物の周囲に植栽を施すことで、潤い豊かな環境を創出。全邸分の平面駐車場など、上質な暮らしのための設備にもこだわりを注いでいます。
■敷地配置イメージイラスト
掲載の完成予想図、イラストは、設計図面を基に描いたもので、実際とは異なります。
方位記号は若干誤差があります。
※掲載の環境写真は平成28年4月に撮影したものです。
「カルティア瑞穂ヶ丘」は、西側が近隣商業地域・東側が第二種中高層住居専用地域に区分され、2つの用途地域区分を跨いで立地しています。それに伴い、建てられる建物の高さを制限する高度地区の区分も西側が絶対高45m高度地区・東側が20m高度地区に分類されています。都市計画法に基づいたたそれぞれの利点が同時に得られることも、ここでの暮らしの魅力です。
「カルティア瑞穂ヶ丘」の南一画と東面は第二種中高層住居専用地域となっており、建物の高さが20mまでに制限されています。さらに、地区内のそれぞれの敷地には斜線規制がかかるため、20m(6階程度)限度までの建物が建てづらい状況といえます。現在、建物の南側は抜けるような眺望が広がり、上層階になるほど開放的な暮らしを満喫できます。
近隣商業地域は駅周辺や商店街・幹線道路沿いなどに、近隣住民の利便のために指定されるので商業店舗が多いということ。この地においても徒歩4分のフィール・徒歩3分のサークルKをはじめ専門店や飲食店が身近にある便利な環境となっています。また、道路も比較的広く、明るく健康的で賑わいを感じる街並みは近隣商業地域ならではの風景です。
フィール
サンドラッグ